経営感覚を磨き、
店舗運営!

野中北店 店長
塩谷 崇敏平成12年 新卒入社

店長は舞台監督。
スタッフが躍動できるステージに。

店長は舞台監督。
スタッフが躍動できるステージに。

店長の仕事は、ヒト、モノ、カネのマネジメント業務全般。本部がつくった販売計画・店舗運営計画を100%実行するために、スタッフが働きやすい環境を整えることが求められます。本部が描いた脚本を、現場のスタッフが気持ちよく演じるための舞台監督のような役割です。

会社の資産
「人」「店舗」を預かり、
店舗運営を任せてもらえる。

会社の資産
「人」「店舗」を預かり、
店舗運営を任せてもらえる。

店舗運営をするうえで大事なのは、全体を俯瞰できる力。スタッフの表情はどうだろう、売上はどうだろう、商品がキレイに陳列されているかなど、常にまわりに目を配る必要があります。またスタッフの育成も重要な仕事で、できるだけ自主的に行動しやすい雰囲気をつくることを心がけています。さらに、どの部門に何人投入すると、効率よく店舗を運営できるかを考え、予算と人件費を計算するなど、数字面での管理も重要になってきます。経営的な視点を生かせる現場で、大きな裁量を与えられることが私のやりがいです。

インタビュー

MENU