社長メッセージ

 

人の成長が、
会社の成長に
つながる。

株式会社マルハチ
代表取締役社長
栗花 正雄

永遠の挑戦者たれ

私たちは、常に目標を掲げています。2012年に売上高300億円を達成しました。
次にめざすのは、2025年に1000億円を売り上げることです。
強い意志をもって挑戦を続けるのは並大抵のことではありませんが、私たちは挑戦を続けてまいります。
会社が歩みを止めると、そこで働く人の成長も止まってしまうからです。
会社が成長するとともに社員も成長する。それが本来あるべき姿だと思います。

人の成長が会社の成長

マルハチは少数精鋭主義。少人数だからこそ、社員一人ひとりの個性を生かしながら育成をしています。
また、社員がのびのび働けるように、若々しく自由闊達な雰囲気を大切にしています。
新しい提案に「前例がない」ではなく、「まず、やってみよう」と言える社風。
それらがプロ意識を生み、優秀な人材を育てる。だからマルハチの社員は、自らの成長のために努力を惜しまない。
そんな個々の成長が、会社の成長につながっています。

いい商品、いい価格、
いいサービス

この業界で大切なことは、当たり前のことを当たり前にやることです。
お客さまにいい商品、いい価格を提供するのはいわば、当然のこと。「安かろう・悪かろう」では絶対いけません。
青果・精肉・鮮魚・惣菜の生鮮食品は鮮度が命ですから、いかに新鮮な素材を提供できるか、それがすべてです。
一方ドライ商品、日配商品は、鮮度では差別化できないぶん、価格とサービスを充実しなければなりません。
お客さまが気持ちよくお買い物していただけるお店にしていくことが大事です。

地域拠点ナンバーワンを
目指して

マルハチは大型店の出店、それに伴う組織の充実と人事制度の改革などを戦略的におこなってきました。
現在は、阪神エリアに地域1番店をめざす店舗網を形成。そして、売上1000億円規模のチェーンストアに向かって歩んでいます。
マルハチの進化を支えるスタッフの一員として、皆さんを迎える日を楽しみにしています。

MENU